Categories

タイムラインが使えるところ

“ 常に新鮮な情報を知ることができる、というのがタイムラインの良いところですよね。CRMにもこのタイムライン機能を入れているベンダが多くあり、営業マンたちは次の一手を考える時、またマネージャーも、タイムライン [...]

Continue reading タイムラインが使えるところ

CXとCRM

“ 似たような単語が並んでいますが、最近の注目度が高いのはCXの方のようです。CXとは「カスタマー・エクスペリエンス」顧客の経験価値を高めていくことが、企業が生き残る最善の策だ、という考えのようです。 今はネ [...]

Continue reading CXとCRM

リテールアナリティクス分野において協業

“ リテールアナリティクス分野・・何のことでしょう?みなさんはご存知ですか? これは、スイッチスマイルとクレストとという会社が資本業務提携契約を締結した、というネットニュースの中で出てきた言葉です。2社が業務 [...]

Continue reading リテールアナリティクス分野において協業

2タイプ準備しておく

“ 自社製品に対して興味を持っている顧客のための資料、もうひとつはまだ自社製品について名前くらいしか知らない顧客のための資料。ある会社ではこの2タイプの資料を常に準備しておくそうです。 なるほどな、と思いまし [...]

Continue reading 2タイプ準備しておく

担当者が使いやすく、入力も簡単

“ 営業担当者が使いやすい、これが日本で最も活用されるSFAの特徴だそうです。やはり使いやすく簡単でなければ、どんなに機能が豊富で高性能であってもだめなんですね。。 どうしても日本の営業マンと言うと根性、勘と [...]

Continue reading 担当者が使いやすく、入力も簡単

文字で伝わらないことも

“ SFAを活用して新規顧客を獲得する、見込み顧客をターゲットとして売り上げアップを狙う、こういった営業が今は主流になっていますね。 ただ多くの営業情報、顧客情報を蓄積し、社内で情報を一元化にして共有できる、 [...]

Continue reading 文字で伝わらないことも

一緒に考えないといけません

“ SFAの活用が、業務を効率化し、見込み顧客を本当の顧客にしてくれる、そんなイメージが強いのですが、実際にはなかなか難しいものがあるようですね。 とくに、マーケティング部と営業部が分断した状態でSFAを使っ [...]

Continue reading 一緒に考えないといけません

事後報告では間に合わない

ある企業がなぜSFAを導入したのか、その理由が紹介されていました。その企業は全国に支店を持つ会社で、いくつかの事業所を展開。本社の意向によって支店の管理者は動いているものの、一人一人のスケジュール把握が出来ず、報告といっ [...]

Continue reading 事後報告では間に合わない

弱い縁でも拾うこと!

「この担当者はもう縁が無いな」とか「自社には興味が無いようだ」といった人の名刺は、いつしか他の名刺に埋もれています。しかし、実はその名刺が大きな売り上げに貢献するかもしれません。そのため、どんなに弱い縁だと思った人の名刺 [...]

Continue reading 弱い縁でも拾うこと!

作業負担にはやっぱりツール使い

すでに、ほとんど方、会社では年賀状の作成は終わっているのでしょうね。私は歳を越して、お正月三が日の間にでも作成して、ポストに投稿しようと思います^^ それにしても、大企業などでは顧客の住所管理や年賀状のあて名書きも重要な [...]

Continue reading 作業負担にはやっぱりツール使い

Latest Posts