Categories

Latest Posts

情報インフラとして

会社内で情報を一括管理したいと考えた時、最も効率的に業務を行えるのがCRMと言われています。CRMを情報インフラの中心に据えることで、営業にも様々なメリットを与えることができるんです。

まずは業務の効率化が実現できます。顧客情報を管理できるのがCRMですが、メールやメルマガの送信まで自動で行うことが可能になるんです。しかも、全ての顧客に同じ内容ではなく、それぞれの顧客のこれまでの情報を元に出したデータを活用して内容を変えたものが送信されます。これによって顧客満足度の向上を実現できるという、2つの目のメリットがあるんです。

また、CRMは他のツールとの相性も良いと言われています。同じ営業支援ツールのSFAでは、双方の情報をさらに集約し管理することで、見込み顧客と既存顧客の管理、営業情報まで網羅したシステムづくりができるようになるんです。名刺の管理ツールを利用すれば、名刺情報からスキャンするだけで新しい顧客情報も簡単にデータ化されるため、さらに業務は効率化されます。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>