Categories

Latest Posts

新鮮な情報を新鮮なうちに

農家の新しい取り組みがテレビで紹介されていました。朝採れの野菜をそのまま箱に詰め、消費者に届ける。その中身は、一般的にスーパーなどで売られている規格にハマった野菜ではなく、間引きしたもの、形が悪いもの、これまであまり食べられてこなかったものなど、ちょっと変わった野菜ばかり。しかし、安い値段で新鮮な野菜ですから、欲しい消費者はたくさんいるそうです。価格と新鮮さ、これが受けているとのことです。

営業にしても、新鮮さは重要。SFAを活用すれば、今やってきた営業情報をリアルタイムで送信することができます。マネージャーを含め他の営業マン、また別の部署にも知らせることができ、その情報から、訂正すべきこと、追加すべきこと、修正して欲しいかそのまま続行か、今の情報からすぐに対応することができます。少しでも早く手を打っておけば、現場の営業もスムーズに、そして円滑に進めることが可能となります。

これは自社だけのメリットではなく、取引する会社にも大きなメリットを与えることになります。すると、継続的なお付き合いもできるようになるんですね。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>