Categories

Latest Posts

文字で伝わらないことも

SFAを活用して新規顧客を獲得する、見込み顧客をターゲットとして売り上げアップを狙う、こういった営業が今は主流になっていますね。

ただ多くの営業情報、顧客情報を蓄積し、社内で情報を一元化にして共有できる、というSFAのメリットを活かすのは良いのですが、どうしても文字では伝わらないこともあるそうです。非常に多くの、しかも細かな情報を共有化できることがメリットなのですが、あまりにも情報量が多すぎるため、どの部分を活かしたら良いのか、大事にすべきなのかは、人によって違ってしまうんですね。

メールを使ってもうまく感情が伝わらず、また些細なことが表現できずに、結局電話をしてしまうことってありますよね。こちらが言いたかったことと、先方の受け止め方が違っていれば大きな行き違いも生じてしまいます。

SFAの場合もそれは同じのようで、文字では伝わらないこともあるんですよね。ですから、時には対面でのコミュニケーションの時間を作ったり、電話を気軽にできるような体制も整えておく必要がありそうです。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>