Categories

Latest Posts

新規顧客目的で無い場合には

名刺の管理ツールを使った方が良いのか、それとも自社では今まで通りの名刺ケースで十分なのか、悩むケースもあるようです。

そんな時には、自社では新規顧客目的なのか、それともすでに顧客となっている既存顧客目的で営業をしているのか、この2つを理解していればおのずと正解が見えてくるはずです。

だいたい営業に回るのは固定客で、新規の見込み顧客開拓の割合が非常に低い場合には、いつも同じ名刺を使えば済むわけですし、すでにアドレス帳にも入っているでしょうから、わざわざデジタルツールを活用する必要はありませんよね。

新規顧客目的の場合には、名刺の交換が最初にあり、その名刺をアプローチや営業に活用するわけですから、効率的で名刺を使えるツールに押し上げてくれる名刺の管理ツールは非常に役立つものになります。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>