Categories

Latest Posts

小さいものから大きなものへ

CRMを最初から成功に導こうとしても、それはとても難しいものです。テスト期間を設けたCRMを使ってみたり、導入前に数か月かけて自社に合ったCRMを選定したり、それぞれの会社で導入成功に向けた取り組みが行われています。

ただ、最初は少ないシンプルな規模の小さいCRMを使い、それに慣れた数年後に大きなものへと移行する、という考え方も最近見られるそうです。

CRMが日本で本格的に導入されて、もう10年以上は過ぎていますからね。2年以上継続利用できていれば、拡張したりクラウドからオンプレミスに切り替えたりと、企業それぞれの規模や社員たちの要望によって変化するのも当然と言えば当然ですよね。

また、こういった移行や拡張に柔軟に対応できるCRMか。この部分が今後のCRM選定には大きな影響を与えるのではないかと思いました。そして、考え方としても、2年、3年という長期のスパンの中でCRMを定着させていき、その後どうするのかもう一度考える、といった形もアリなのかなとも感じましたね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>