Categories

Latest Posts

“次にどこを攻めたら良い? “

SFAのメリットとして挙げられるのが、商談内容と顧客情報が紐づくことで、今まで管理者など営業の当事者では無い人でも商談のどこに重点を置いたら良いのかがわかるようになることです。

SFAには日報機能、営業プロセス情報機能などがあります。営業マンはこれらに商談が終わるごとに内容を記録していくと、リアルタイムで上司や同僚と共有化することができるんです。もし、営業担当者が見えていないことも、管理者や同僚が顧客目線に立ったりと広い視野で商談の状況を見渡せるため、次にどこを攻めてれば良いのかがハッキリと見えてくるようになるんですね。

またこういったこともあります。うまく進めていた商談でも、場合によっては不成立になってしまうこともあります。反対に、これは無理かな・・・と諦めかけていると突然吉報が舞い込んでくることもありますよね。それらは、一体どの時点で形勢が逆転したのか、その理由がSFAの中にちゃんと刻まれているというわけなんです。

次の営業では、この理由から何をすべきかを考え、行動に移せば良いのです。

knowledgesuite株式会社

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>