Categories

Latest Posts

クライアント情報も記録されていきます

名刺管理ツールの利用は、もらった名刺すべてを社内で一括管理できることがメリットですが、その先にも大きなメリットが生まれています。

クライアントの社名、担当者、メアドなどが名刺には記載されていますが、それを自社の誰が持っていて、その人に相談することで他の営業担当者もアプローチしやすくなるんですね。これが今Sansanのコマーシャルで流れていること。

また、どの担当者がどこのクライアントと接触しているのかもわかるので、同じ会社の営業マンが営業先でバッティングすることも無いんです。もし、時期をずらして営業をしていれば、クライアント先にも不信感を持たせてしまいますから、これはとても大きなメリットとも言えますよね。

詳しくはこちら

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>