Categories

Latest Posts

管理者が先手を打つことも!

これって非常に重要ですよね。営業担当者が気づかないままに営業を進めていて、結果的に受注が成立できなかった案件。しかし、途中で管理者が「まずい箇所」にすぐに気づくことで営業担当者の営業方針を変更させ、無難に受注を成功させることが可能となるんです。きっと営業担当者の中には、「あの時ああしていれば」といった後悔をしている方も多いはず。自分では商談の最中は気づかなくても、後から気づき後悔。でも時すでに遅しです。

ところが、SFAを使って営業プロセスをリアルタイムで管理者が把握できれば、「まずい!」と思った瞬間に担当者に連絡を取り、修正を促したりアドバイスすることが可能となるんですね。会社全体でこのようなことができれば、受注量はグンと増えるはずです。

また、営業担当者がうまく案件を進めていたとしても、世の中の動きが変わる、こともありますよね。この潮目に一人が気づかなくても、管理者や他の営業職が感じ取り、SFAに情報を流せば全ての営業担当者にも知らせることが可能となるんです。

Sales Force Automation (SFA)とは

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>