Categories

Latest Posts

結果が出せていてもいなくても

ある意味怖いな~とも思ってしまうツールですよね、SFAって。新規の顧客を獲得するためにSFAは導入されています。でも、使い方を間違えてしまうと営業マンを管理するためのツールと化してしまうことが多いそうで。。

SFAには営業担当者の営業プロセスを透明化する機能があります。見える化されることで、営業マンを統括する管理者や経営者までもが、今案件がどのように進められているのかがリアルタイムで確認できるようになるんです。しかしこれを営業担当者側から見ると、常に自分の営業を見られているという意識も芽生えてしまいます。

さらに怖いのは、結果が出せているのか出せていないのか、全ての人にも見られているわけです。いつも商談を成功させられる担当者と逆の担当者。成功させられる担当者は、自分の営業プロセスを知られることになり、逆の担当者は自分のふがいなさを周囲に知らしめることになり。。両方損しているような気もするのですが。

でも、あくまで社員が行うのは会社の利益のための業務ですからね。この辺は考え方を変えるしかないのかもしれませんね。難しいな~。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>